一見、中が良さそうな夫婦に見えても…

私の近所に住んでいた人は、夫婦ともに40代後半で離婚をしています。
不倫をしたのは旦那さんの方なのですが、お子さんが私と同級生と少し下にいて、不倫をした当時はお子さんも成人した後でした。

 

子どもの目線では仲が良さそうに見えていた夫婦だったのですが、旦那さんの方が女好きで、お子さんが小さい頃にも一度不倫があり、そのときも離婚話まで出ていたようです。

 

旦那さんの浮気が発覚した原因は、浮気相手と出かけた先で近所の人に出会い、その人から奥さんの耳に入り、問いただしたところ不倫だという証拠がいくつも出てきたようです。
2度目ということでもうやり直せないということで、離婚をすることになりました。子ども達は母親の味方で、今は離婚から10年以上が過ぎて、その夫婦の孫にあたる子ども達もたくさんいるのですが、母親の方とだけ交流していて、祖父にあたる旦那さんの方とは全く会っていないそうです。

 

私がこのことを知ったのは、私の祖母と、奥さんの方の母親が仲良くしていたことから知りました。私の祖母が、「婿の不倫によって娘が離婚をすることになった」と聞かされたようです。
その人は婿養子として奥さん側の実家で同居をしていたのですが、そのあたりの窮屈さなどもあったのかなとは思います。ただ40代後半まで20年以上一緒にいた夫婦が、別れることもあるんだなとびっくりしました。

 

その旦那さんのすごいところは奥さんの実家側の土地に自分の部屋をプレハブのようなもので元々建てていたのですが、プレハブを少しきれいな建物にして、離婚後もそこに住み続けているんです。
敷地内にあるので隣の家に元旦那がいるみたいな感覚ですよね。奥さんの方は我慢できずに、住んでいた実家を離れてアパート暮らしをしているのです。

 

旦那さんの方が近所からもそういった目で見られているのに、よく住み続けていられるなと祖母は言っていましたし、私も不思議だなと思っています。
1度目は許せても、さすがに2度目は許せないというのは、同じ女性としてわかるなと思います。

 

ひょっとすると、この旦那さんは奥さんの両親と養子縁組をしていたのかもしれませんね。そして、離婚には応じたものの、なんらかの理由で養子離縁はしていない可能性があります。建物の名義などの問題もあるのかもしれません。
いずれにせよ、そのまま住み続けるのはすごい神経なことには違いありませんが。